新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界経済は大きな影響を受けています。特定の業界は更に大きな打撃と損失を被りました。経済的観点からみた状況は徐々に改善しつつありますが、パンデミックをできるだけ早く終息させるには、一定の対策や手順が必要としています。

観光業もまた、例外に漏れず、今回のパンデミックで大打撃を受けました。観光客数や旅行回数が激減したせいで、観光客による消費や収益が減少したのです。中でも、カジノ業界は、ある意味エンターテインメント産業の一部であり、多くの観光客がカジノや夜の街を訪れるため、観光業に直接的な関係があります。現時点では、感染対策を講じた上での海外渡航が許されていますが、以下にて、コロナ渦におけるカジノ営業をより詳しく見ていきましょう。

コロナ渦でのカジノ営業

今回のパンデミックにより、渡航が禁止または制限されたせいで、カジノ営業は大きく低迷しました。状況がある程度落ち着くまで、いまだ閉鎖中のカジノも数多く存在します。ここ数ヶ月で、世界各地のカジノは営業を再開しましたが、衛生面の保護や維持に関する対策を導入しているようです。

カジノにおける感染対策

カジノには多くの人が集まるため、万全を期した疫学的・衛生的対策が必要とされます。多くのカジノは、入り口で来場者の体温を測定しています。入口のカメラで体温測定を行い、ゲストを特定するというシステムです。2019年にはカジノ来場者にとって異質なものだったこのシステムは、新型コロナのパンデミックにより、今や”ニューノーマル“となりました。

現在のカジノは、バリア、ソーシャルディスタンス、洗浄液などの使用を強調しています。こういった感染対策は、シンプルですが必須であり、簡単に実行できるものです。各カジノは、通常の業務を円滑に進めつつ、ゲストを保護できる新システムを採用しており、非接触性ゲーム、サーマルカメラ、キャッシュレスのゲームオプションなどが導入されています。カジノに関連するテクノロジー製品は他にもあります。たとえば、頭上の蛍光灯に数分さらすことで表面についたコロナウイルスを分解するという抗ウイルスコーティングや、QRコードを読み取ってスマホ画面で効率よくスロットマシンが楽しめるというプログラムなどがその一例です。

カジノチップの消毒

新型コロナウイルスの流行前から、カジノでは様々な技術改革が想定されていましたが、今こそこういった革新テクノロジーを生かす時でしょう。そのひとつに、トークンやポーカーチップのクリーニングがあります。カジノでは、プレイヤーがテーブルでチップをいじったり、ディーラーやキャッシャーで交換したりと、頻繁にチップの受け渡しが行われます。そのため、ウイルスやバクテリアなどの病原体に効果的な消毒剤を使用し、手作業でチップを洗って殺菌しなければなりません。イギリスのゲーミング製品製造・販売企業であるTCSJohnHuxley社は最近、わずか数分で最大100枚のチップを洗浄できる携帯型チップサニタイザーを発表しました。この新製品もまた今後、多くのカジノで導入されることになるでしょう。